2018年06月09日

つばめ

我が家にもつばめが来た。2羽が相談を重ねて巣の場所を決めた。5月の連休が明けるころ巣が完成した。それから1か月雛がかえった。今は子育てに一生懸命。
この季節はたくさんのツバメが田植えの終わった田んぼの上を飛び交い、電線にとまってにぎやかにおしゃべりをする。そんなつばめたちを見るのもこの季節の楽しみでもある。
つばめの飛び交う様を見ていると、「ドナドナ」の歌を口ずさんでしまう。売られていく子牛を思うと何とも物悲しい。
そしたら私の場合は「いただきます」という食事の言葉をかみしめる。命をいただき生きている私。感謝・・。
「ドナドナ」はイディッシュ(中東欧ユダヤ文化)の歌だそうで深い意味がある歌だそうです。
posted by siz at 00:36| 日記

2018年03月23日

味噌の仕込み

今年も味噌の仕込みをしました。

米の生産調整が始まったのが昭和46年、稲作に替わる転作作物として大豆の作付が奨励されました。その大豆を有効利用するということもあり、当時の農協婦人部や生活改善グループなどの活動で味噌作りが盛んに行われました。
JA女性会、生活研究グループと名前は変わりましたが、今でも味噌作りを核に活動しておられる農家女性グループは結構あります。
地元の原材料にこだわり、美味しい味噌を作り地域特産品として重宝されています。

私も農協婦人部の活動として味噌づくりを教えてもらいました。自分の育てた米と大豆、そして赤穂の塩、約30年毎年作っています。ゆっくり寝かせて初冬の頃から使います。手前みそながら、それは美味しい味噌です。
IMG_2823.JPG

そして約50年近く年続いた米の生産調整が平成30年産より廃止されます。

posted by siz at 22:25| 日記

2018年03月15日

今の私に出来ること

昨日、今日とここ赤穂も気温が上がり、裏庭の桜(小さなサクランボがなる桜)が一気に咲きました。
鶯かな、まだ下手だなという鳴き声も聞こえたり。
2018-03-15 17.50.54.jpg
森友学園の問題が報道されてから1年ちょっとが過ぎ、ずっとすっきりしない気持ちです。とうとう自殺者まで・・酷い。
特例的な国有財産の値引き、親しい人は何でも優遇?、公文書の改ざん。国会での答弁も呆れたもので、納得できない。
3月18日12時〜神戸三宮マルイ前 街宣するそうです。行ってみようかと思います。昨年の衆議院の選挙でもおかしいじゃないかの声は届かなかった。納得できないの意思を何かの形で示す、今のわたしに出来ること。



posted by siz at 22:37| 日記

2018年02月03日

のんびりですが

戌年の2018年を迎え、いよいよ暦も一巡、元気に日々を過ごせていることに感謝です。
幸せとは何かと考えます。
今日姫路にあるお店にあか穂の実りの商品を納品してきました。何せ知名度も低く賞味期限も短め、何点かの賞味期限切れの商品もあったのですが、「持って帰る?」とお店の人、「食べる?」と私、「みんな大好き」とお店の人。
よかった、「全部持って帰って」と言われたら作り続けれないけれど、これなら作り続けられる。
幸せかなと思いました。
cook_kome_1657.JPG
posted by siz at 00:04| 日記

2017年10月15日

松田ファーム秋だより 2017

秋もたけなわの頃と書きたいのですが、前線の停滞で長雨に閉じ込められています。稲刈りも最盛期の頃なのですが・・。

今年も大きな自然気象災害が発生しました。7月の九州北部豪雨、各地で大雨、突風、台風と無事とは言えない2017年です。

世界的にもカリブ海、アメリカを襲うハリケーン、今カリフォルニアでは大規模な山火事です。

「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」という本を読んだのですが、今のホモサピエンスは滅亡へと向かっているそうです。100年か200年後私たちと形は似ていても違うものになっているそうです。人類の能力をはるかに超える人工知能、生命、遺伝子を操作するバイヲテクノロジーによって。欲望を抑えられない私たちが大きな力を手にし、また手に入れようとしているということです。滅亡を食い止める方法はつまり今のままのホモサピエンスでいるための方法は極東の思想と書いてあったと思います。私はお釈迦様の教え、仏教かと思いました。

その前に大量破壊兵器がもし使われるようなことがあればそこまでもたないのかもしれませんが。

水田稲作も大きく変わりました。私たちの地域もお米を自作する人はほんとうに少なくなりました。耕作を引き受ける人がいない農地は保全管理ができていれば良い方で、セイタカアワダチ草が今黄色の花を咲かせています。

私の住む有年牟礼は赤穂でも早く限界集落になるのではと言われています。確かに10年後の地域は空き家が目立つと思います。

人口減少社会に資本主義の目指す経済成長は望めないと思うのです。経済成長を優先する社会から違う仕組みに変わっていくしかないのではと思います。田園回帰に期待をするこの頃です。

それでもこうして今年も稔りの秋を迎えられたこと有難いなと思っています。

事故のないように気を付けて稲刈りをしたいと思います。

IMG_2722.JPG

写真を撮ろうとカメラを用意していたらほとんど終わっていました・・

posted by siz at 15:58| 日記

2017年10月11日

真っ白い日

季節外れの暑さの中、稲刈りもほんと大変です。
今日は晴れのはずですが、朝から景色は真っ白でした・・pm2.5酷かったです。
インターネットの情報では全国濃度の高い所10地区の内兵庫は5地区入ってました。三田、太子、相生、加古川、飾磨
何人かの人と話したけれど、湿度が高くて霧だと思っていたということでした。
私は目が変になって、結膜炎?みたいな感じ。
きれいな空気より大切なものは何だ?

神戸製鋼所のアルミデータの改ざんが明らかにななりました。。
三菱自動車の燃費の改ざん、日産自動車、東洋ゴムなど、大企業です。
効率優先、企業体質など企業の責任は大きいです。
でもそれだけでない要因もあるのではと思う。
便利で快適な暮らしを求めることで高まる環境負荷。それを解決するのは科学であり技術革新。期待が高すぎるのかも・・

一度手にした便利さを捨てるのは苦しい。
今日も自動車を使い、コンバインを動かした。
posted by siz at 23:13| 日記

2017年10月07日

立憲主義

なるべく怒らないようにしよう、と思っているのだけれど、森友、加計学園の問題、この問題は納得がいかない。政府は丁寧に説明した、二階さんは小さな問題と言っていたけれど、そうですねとはいかない。ある特定の人にあの手この手を施して、ただ同然で国有地を売却したり、特区の獣医学部申請も公平でないと思う。国会の開催を求めてもなかなか応じず、やっと開いたら冒頭解散。自己都合で身勝手。佐川局長をはじめ官僚の答弁も何?ありえないと怒ってしまうのです。リーダーたちはみんな自己保身ばかり。
ごたごたの中、民進党の分裂。枝野さん希望の党に排除されてよかった。おかげで立憲民主党が設立された。
権力は腐敗する。人間は煩悩まみれ、だからこそ立憲主義であるべきだと思う。
posted by siz at 15:04| 日記

2017年10月02日

好い天気♪

あか穂の実りの玄米餅、玄米シート、三彩米の原材料、緑米が出穂しました。
JR山陽本線有年駅と上郡駅の間。赤穂市 原田中遺跡の近くの風景です。
IMG_2732.JPG
posted by siz at 21:57| 日記

2017年08月06日

8月6日

8月6日、72年前、広島に原爆が投下された日。

内山節さんの「戦争という仕事」という本に「戦争もまた仕事の集積として成立しているという視点から考察すると、そこに現代労働の象徴的な姿がみえてくるということは悲しむべきことだ。だがそうであるからこそ、そのような労働や経済とともに展開する現代社会は戦争を否定できないのかもしれない。現代の労働や経済とともに展開している社会と、戦争とともに展開していく労働や経済の世界とが共通性を持っているのである」
こう書かれています。政治や為政者の質だけでなく戦争を否定しきれない社会構造を持っているということだそうです。

昨日のNHKの思い出のメロディーで氷川きよしさんが「T本の鉛筆」を歌われました。心に響く素晴らしい歌唱でした。
戦争は嫌だ。


posted by siz at 23:55| 日記

2017年01月04日

安芸の宮島 厳島神社

安芸の宮島 厳島神社に行って来ました。お正月だし世界遺産だし,たくさんの参拝者でした。
20数年ぶりの宮島、それはそれでよかったのですが、厳島神社は真っ白に霞んでいました。今日が特別なのかもしれませんが、空気が汚れている、pm2.5なんだろうなと思いました。
JR宮島口からフェリーで行きますが、今日は15分間隔、それがJRと広電と二つの会社が同じ桟橋から出港していたので、1時間にフェリーは8往復。1日中。この排気ガスも大きいのではと思いました。
宮島は日本三景 今日の景色では残念です。ちなみに今日の天気は晴れです。
2017-01-04 14.18.23.jpg
豊国神社(千畳閣)より


posted by siz at 22:28| 日記

2016年11月24日

今日は空がきれいだった

今日は空がきれいだった。
この頃うんざりすることのひとつが空が青くないこと。
智恵子抄のように思う、メロディ本当の空が見たいという♫
近くの山でも絵の具に白を混ぜてベターと塗ったらお終いみたいな山が、今日は紅葉の木々の盛り上がった感じ、山の端の木々の枝から空が透けて見えて、本当の空だと思った。
pm2.5の分布を見ると今日はほぼ無かった。偏西風が日本の南に下がり、北の空気が入った為かなと思う。
東京は54年ぶりの11月の初雪。
きれいな空気や水より大事なものはなんだ?
posted by siz at 23:21| 日記

2016年10月21日

韓国より農業視察

今日は鳥取県中部で地震が発生、被害状況も次々に伝えられています。どうぞお気を付けください。

10月だというのに、25度を超える夏日が続き、変だよねが当たり前のこの頃です。
昨日20日に韓国から6次産業化の視察ということで、24名の方があか穂の実りの視察に来られました。
女性も7名、若い人も。お米を作って加工もしてる人、納豆で国際特許を持ち、輸出している人、そばを作り加工をしている人、高麗人参と作っている人、レストランを経営している人、焼き物たぶんキムチのかめを作っている人など色々な取り組みの方たちでした。
試食もご希望でしたので、玄米シートでピザを焼きました。みなさん美味しい(嬉)と言って、世界で売れるよということでした。、韓国の農産物は結構輸出をしているんだと思います。パプリカは韓国のものが多いですよね。
お米は余っているのか、価格が落ちたのか、輸入に反対なのか、抗議の行動も、今秋報道されていました。(直接聞けずですが)
日本と同じで韓国でも米の消費が減っているようです。
2016-10-20 11.19.04.jpg 
posted by siz at 21:23| 日記

2016年04月09日

ホセ・ムヒカさん

南米ウルグアイの前大統領ホセ・ムヒカさんの来日が話題になっています。「世界一貧しい大統領」とはどんな人と興味を持ち、「貧しい人とは、持たざる人ではなく、いくらあっても満足しない人だ」という言葉を聞いてますます知りたくなりました。
昨日4月8日放送の池上彰さんとの対談を見ました。
社会主義革命を目指して活動し、投獄され、それは15年にも及んだそうです。
「人は自分が意識していなくても他者とのかかわりなしには生きられないものだ」という言葉も印象的でした。命をつなぐ最低限の食事のみの
一切の関わりを断ち切られた独房生活は苦しいものだったそうです。9年後、やっと自然科学の本を読むことが許されたそうです。激しい拷問より関わりを断ち切られた独房生活が苦しいものだったそうです。
仏教の苦行のような体験をされたからなのか、ホセ・ムヒカさんの言葉はブッダの教えを聞いているようでした。
奇しくも4月8日はお釈迦様の誕生日でした。
posted by siz at 22:40| 日記

2016年02月27日

ぬか漬けデビュー

2月も終わりの日が近づき、今年は1日プラスされていることがとても嬉しい私を分析してみるに、いつも何かの期日に追われているという先延ばし体質。大したことじゃないのだからさっさとすれば楽ちんなのにと思いながら、今年も確定申告の季節・・・。
やってみたかったのに先延ばしになっていたものに「ぬか漬け」があります。先日50年以上の歴史のあるお漬物屋さんに「ぬか床」を分けていただきました。畑の大根と人参を漬けました。感激のやさしい「ぬか漬け」が漬かります(^^♪
IMG_2306.JPG
posted by siz at 23:43| 日記

2015年11月06日

古代米の稲刈り

古代米(緑米)の稲刈りをしました。今年最後の稲刈りです。
IMG_2203.JPG
9月の早生の稲刈りから11月の晩稲の稲刈りまで、やっと終わりました。
今のコンバインも14年目、いつキャタピラが切れてもおかしくないよと言われていたのだけれど、切れませんでした。ホッとした(^^
10月に雨が降らなくて、田んぼが乾いていたのも稲刈りにはよかったです。
キャタピラの交換には1本40万円くらいなので80万円はかかります。コンバインは毎年の整備、修繕にも30万円くらいかかります。
壊れたらどうしようと考えます。今の面積を維持していくのなら、コンバインの性能は落としたくないよね。体力が落ちてくるんだからせめて機械に助けてもらわなくてはと思うし・・・。価格は1000万円くらい、今の状況では過剰投資だよね・・・。


posted by siz at 23:12| 日記

2015年11月05日

星空プロジェクト

近畿大学付属高校の星空プロジェクトに「地域の人」として参加してきました。
古代米の取り組みについてインタビューを受けました。食べてもらうのがいいと思い、玄米ピザを生徒さんにも焼いてもらいました。
IMG_2186.JPG
感想は
いつものピザは縁を食べたくないのに、このピザは縁がサクサクカリカリしていて縁が美味しい。
チーズののっているところはモチモチ。
お米の味がする、でした。嬉しい(^^♪
水田農業、お米の大切さなど話しました。
課外授業です。最後に班ごとに全体発表です。みんなしっかりと考えているなと感心しました。
久しぶりに若い人とお話ができて、楽しい1日になりました。
posted by siz at 21:37| 日記

2015年10月17日

天滝

兵庫県養父市大屋町の天滝に行ってきました。
落差98mで「日本の滝100選」のひとつです。駐車場から1.2キロ約40分です。登山道もよく整備されています。
もう少ししたら紅葉がきれいだと思います。午後3時から登り始めたので誰もいなくて天滝独り占めでした。
10月15日の天滝です。
2015-10-15 15.51.54.jpg
posted by siz at 23:29| 日記

2015年09月23日

秋分の日

今日は彼岸の中日、秋分の日。太陽が真西に沈む日。極楽浄土は西の彼方にあるとされているので、お墓参りや先祖供養を行うようになったそうです。これは日本独特のものだそうです。
いい天気でした。早生種の「つや姫」の稲刈りをしました。稲刈り日和で仕事がはかどりました。二日で2haほど刈りました。大雨、台風の度にどれだけ心配したことか。冠水や倒伏の被害があればどれだけ作業が困難であるか・・・。今年も各地で大雨、台風の被害が発生しました。大変だろうな、辛いな・・。
今年の夏は猛暑でしたが、雨も多く、日照不足でしょうか、どの品種も出穂が遅かったです。古代米(緑米)はもともと晩稲ですけれど、やっと稲穂が揃いました。稲の花が咲いています。今年は秋の深まりが早いように感じるのだけれど大丈夫かな。

今日は私の誕生日なのです。予定していた稲刈りができて、なにより嬉しい一日でした。57年前の中国地方の山間の村も今日のような秋晴れの一日でした。母の実家の納戸の障子越しの西日を覚えているのです。そんな感じがするだけなのかもしれないけれど、母に西日が眩しいそんな日に生まれたよねと尋ねるとそうだと言うのです。そんなわけで私は生まれた時を覚えていると思っているのです(^^♪
IMG_2126.JPG
posted by siz at 21:49| 日記

2015年09月11日

玄米シート、新聞掲載!

もちもち玄米シートが農業新聞に全国版で掲載されました。
img006.jpg
9月10日付 日本農業新聞 「一村逸品」
img003.jpg
8月28日付 全国農業新聞 [MY STYLE」 

2006年から始めた農産加工 「これは何ですか?」という質問から始まる商品が「もちもち玄米シート」という商品に育ったこと、嬉しいです。ありがとうございます。
posted by siz at 00:04| 日記

2015年08月03日

ミラノ万博日本館イベント広場

ミラノ万博に行ってきました。
ミラノもたいへんな暑さで万博会場は38度〜40度というような高温でした。でも今の日本より湿度が低いのでずっとましでした。日本の暑さはほんとに厳しいです。
日本館は人気も高く、私たちは30分ほどの待ちでした。1回に156人が入場できて、20分で館内を見学します。印象に残った展示は「生を知らず、死を知らず」という書で雨、雨粒、水を表現していて、水に恵まれた日本であること、廻る水を表した展示です。日本の四季を稲作、田んぼで表現した展示も水田農業が水に恵まれた日本、台風がやってくる日本にとってどれだけ大切であるかを表現していたし、田植え、祭りと地域社会や文化を育んできたことをよく表していたと思いました。
最後は5人くらいでテーブルにつき、お箸を使った参加型のアトラクションです。わたしたちは最後にテーブルについたのだけれど、お箸は得意だから、指示されたことが一番に出来て、スポットライトが当たったりして、ビックリでした。
あと日本の伝統食の展示。日本食のお蕎麦やどんぶりなどの写真が流れてくる、自分のスマホに写真を取り込むみたいな展示がありました。
これらを50分で見て、出口です。そして日本食のレストランとイベント広場となります。
7月17日、このミラノ万博日本館イベント広場に出展してきました。
播磨スローフード協会の「あか穂の実り」として、3回、ステージでのプレゼンテーションと玄米シートの試食を行いました。
1回の持ち時間は20分です。日本館の見学を終えて出てこられるお客さんをイベント広場へとお誘いをするということです。
私たちは用意した自分たちの田んぼの風景や農作業の様子をスライドショーで流しながら、英語でスピーチをし、イタリア語で通訳をしました。半分はイタリア以外の人のようでしたので英語でのスピーチという選択はよかったです。そして熱心に聞いてくださるのがわかるので嬉しかったです。このブログでもたびたび書いている、それぞれの国に、その環境にあった農業や食があること、その多様性が大切であること、食はグローバルという流れでなく、ローカルであることが平和で飢餓がないことに大切だと思うことなど話しました。玄米シートを考案したのも日本人にお米を食べて欲しいという思いがあってのことなどです。
玄米シートの試食もグルテンフリーのお米のピザということで、とても好評でした。ホントに未来の食かもね。

目立つことが何より大事かもということで、当日の衣装は浅葱色の着物を着ました。
夫は忠臣蔵の法被です。井戸知事は「赤穂浪士が来ている」と仰ってくださいました。たくさんの方にお世話になった日本館イベント広場出展でした。
IMG_2030.JPG

IMG_2043.JPG


posted by siz at 23:33| 日記