2015年07月15日

ミラノ万博

2015年ミラノ国際博覧会日本館イベント広場
7月16日〜7月19日 は兵庫県の出展です。
あか穂の実りは17日に播磨スローフード協会として参加します。
それぞれの国、地域の農業の大切さを伝えられたらと思います。
image.jpg
image.jpg

posted by siz at 06:25| 日記

2015年06月10日

もちもち玄米シート モンドセレクション2015銀賞受賞

もちもち玄米シートがモンドセレクション2015で銀賞を受賞しました。西播磨フードセレクション2013グランプリ受賞の副賞として、モンドセレクションへ応募をしていただいていました。たくさんの方にお世話になった応募でしたので、銀賞受賞にほっとしました。審査基準は「「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」「消費者への情報提供」と言われています。90点以上で最高金賞、80点以上で金賞、70点以上で銀賞、60点以上で銅賞です。
手作りの小さな加工ですので銀賞受賞はとても光栄なことと喜んでいます。
6月1日にポルトガルのリスボンで授賞式がありました。せっかくいただいた機会と思い参加してきました。
行かなければなかった出会いや経験がありますので、出席できてよかったです。
6月は稲作農家の我が家にとって一年で最も忙しい時期です。そんな時期に快く行って来いと言ってくれた夫に感謝です。
私に代わり稲の苗に水をやってくれ、田植えを手伝ってくれた友人に感謝です。
6月のリスボンはジャカランダが紫の花をつけ、初夏の太陽が眩しい美しい街でした。
9 IMG_2458.JPG
IMG_1441.JPG
posted by siz at 00:18| 日記

2015年02月26日

スマートライフフォーラム

武庫川女子大学生活美学研究所 第1回スマートライフフォーラム
「玄米を食べる生活」
開催日時 2015年3月14日(土)13:00〜17:00
会場    武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)西ホール
13:00〜14:00 兵庫大地の会、あか穂の実り試食と販売
14:00 開会
14:10 講演1 「粗食のすすめ」 幕内秀夫氏
15:10〜15:40 休憩 兵庫大地の会、あか穂の実り試食と販売
15:40 講演2 「玄米の効用と調理法」 升井洋至氏
16:40 質疑応答
17:00 閉会

お問い合わせ
武庫川女子大学生活美学研究所
TEL0798-67-1291 FAX0798-67-1503

上記フォーラムが開催されます。あか穂の実りは玄米餅、玄米シート、三彩米などでブースを持たせていただきます。玄米シートを使って玄米ピザのご試食をしていただく予定です。
7D1_7178.JPG

第1回のテーマがお米ということで私としてはとても嬉しいのです。
私たち日本人が日本のお米を食べるということは正にスマートライフと思うからです。日々何を選択して食べるかで日本に田んぼや稲作が残るかどうかが決まるのです。日本の気候、地形に適した田んぼを残して次代に繋げていくことは、総合的に見て一番安上がりで安全なことだと思うからです。
当日は栄養学の先生のお話ですので、田んぼのことは話されないかもしれませんが、テーマが「玄米を食べる生活」で玄米の効用についてお聞かせいただけるので楽しみです。




posted by siz at 22:45| 日記

2014年11月16日

全国農業担い手サミット

11月13日、14日と第17回全国農業担い手サミットが兵庫県で開催されました。全国から農業者、関係者2500名が集いました。皇太子様も来られました。大会テーマは「育もう担い手!切り拓こう新時代!」でした。
私たちの西播磨地域にも160名の方が来られました。ようこそお越しくださいました。あか穂の実りにも2コースの80名の方にお越しいただきました。ありがとうございました。
夫と二人の家族農業の私たちですが、古代米を使った新しいお米の食べ方の提案、玄米シートのピザなどがユニークな6次産業ということで視察先になりました。
自ら開発した商品を販売しようと思い、経営のことも少し勉強しました。国の6次産業化計画の認定も受けました。たくさんの方に応援をいただいています。
私にできることはどんなこと、小さくても続けていける農家経営をしたいのです。
でも理想だけは高いのです。水田農業を守ることは日本にとって大切なこと、お米を食べることが日本の農地と食を守る。その信念を持って農業を続けて行きたいと思うのです。稲作も担い手不足です。お米の消費は減るばかり、お米は余っています。それならパンに向く小麦を作ればいいじゃないかと思うかもしれないけれど、日本は雨も多いし難しいわけです。私が作る玄米餅や玄米シートはパンのように食べることができます。発芽玄米100%、GABAも含まれているし栄養的にも優れています。きっと日本を救うお米と食べ方の提案だと私は思っているのです。厚かましくも本気です(笑)
posted by siz at 00:47| 日記

2014年10月17日

JICAの研修

いつの間にか季節が過ぎて、今年の稲刈りも終盤となりました。
振り返れば雨ばかりの8月、相次ぐ台風と自然は厳しいと感じ、それでもそんな自然と折り合いをつけて生きていくしかないわけです。

10月15日にJICAの研修をお引き受けし、11名のアフリカ、アジアの国の担当者、研究者が来られました。「農村女性能力向上」が研修テーマです。少しでも私たちの取り組みが参考になればとお話をさせていただきました。
息子に原稿を英訳してもらいました。
Entrusting our dream to agriculture という題です。
・・・・・・
最後に
For future
 Food crisis is going to come true.We must save the environmento in Japan,there is a way of farming that is suited to Jpanese environmento,that is to save paddy fields and to harvest crops from them.We don't have to eat the same foods uniformly.It is necessary to seve the variety of food culture,not global,to achieve peaceful world without hunger.

彼女の発音はいいよと言ってくれたので、何とか伝わったと思います。
楽しい研修会でした。
私も含めて、どこの国のどの人もいろいろあるだろうけれど、「何とかまあまあ」に折り合いをつけて暮らしていけたら幸せだと思います。
IMG_0983.JPG



posted by siz at 23:50| 日記